読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ろじかりずむ

好きなんだから仕方ない

春に聴きたい嵐10選

そうだ、春だ、嵐を聞こう。

ジャニーズ事務所の人達を、季節に例えると嵐は「春」だと思う。とにかくキラキラ明るくて、前向きで、背中を押してくれるような楽曲が多いからだ。

ちなみに、ほかの季節はというと、夏がNEWS、秋がKAT-TUN,冬がkinki kidsって感じがするなぁ。

毎年懲りずに海に出かけては、少し年上のナイスバディなお姉サマーに一目惚れするNEWS。

出かけて二分で一目惚れするNEWS。

「とりあえずツイ友からどう?」なNEWS。(しかもこれtwitter流行るちょっと前の曲である)

「カレシいない歴は1年超えました」\マジ!?/イケそうだ!なNEWS。

アツイだろ!?ヤバイだろ!?じゃねーよ!NYARO!

チャラい!帯でニュース番組のキャスターやってる人がいるグループとはとても思えない。

とかく夏にナンパする歌か、偶然出会った女とのワンナイトラブの歌を歌わせたらNEWSがNo1だと思う。これについてもまた機会があったらまとめたい。

 

さて、だいぶ脱線したが、今回書きたいのは「嵐の春うた」について。

嵐にはとにかく春に聴きたくなる曲が多いのだ。

それもみんな名曲揃い。ただ、嵐は近年春にコンサートをやらないので、忘れられてたりする。誠に口惜しい。

春コンやってほしいなぁ・・・・

 

「いい曲が埋もれてるのは勿体無い!」という私の誠に勝手な主張と、

ツイッターのフォロワー様の「春に聞きたい嵐曲10選とかやってみたい」に勝手に便乗して、ここにて開催!

 「(私的)春に聴きたい嵐曲10選」~!ドンドンパフパフ~! 

あくまで、私が「春に聴きたい」ってだけで完全なる春うたオンリーじゃないのは仕様です。ご了承ください。

 

①still...(「Happiness」C/W)

定番。嵐ファンみんな大好きstill...。

少し切ない思い出を胸の中にそっとしまっておこう、そう思えるような背中をグッと押してくれる曲です。

車輪が回り出したら 旅は始まってしまうから
もうはぐれないように 過去をそっと抱きしめる

ここの歌詞が特に好きなのですが、『車輪が回りだしたら旅ははじまって「しまう」から』、もう元には戻れないけど、過去は消えないから、思い出としてぎゅっと抱きしめる。あーー!!多田慎也天才かよ!!!*1

また、失恋の歌のようにも思えますが、友人との別れの歌とも解釈できます。

これは別れではない 出逢いたちとのまた新たな始まり
ただ 僕はなおあなたに逢いたい
まだ…
いつか笑ってまた再会 そう絶対

このラップ部分、元は櫻井さんの楽曲のラップの一部をちょっと変えたものなのですが、海外へと旅立たれるご自身の友人に送ったもの。

別れはとても辛いけれど、出会いがあれば必ず別れもある。

それでも、いつかまた笑って再会できる日を願って、お互いの道を歩んでいこう。

切なくて、懐かしくて愛おしい。まさに「嵐」って感じの曲です。

 

②season(「Everything」C/W)

この曲が好きすぎて携帯をauにしました!!(雑誌終わりのダイエット体験談風)ちなみに2機目はbeskeyです。(逆再生のCMのやつ)翔くんとオソロイ♡ってどんだけ頭お花畑だったんですかね、当時の私・・。痛い!!!キーボードは一回も変えませんでした!いぇい!

私にとって、卒業ソングといえば「season」ってくらい、卒業前にずっと聞いてた印象が強い曲です。

小、中、高と3回の卒業はいつも「season」と共にありました。未だに聞くたびにウルッとする。

予餞会とかで3回ともいいタイミングで流れてきて、3回ともボロ泣きした思い出の曲です。

ひらひらと花が舞う頃 旅立ちを決めた思いは
今 誰のためでもなくて
思い出を抱きしめながら 僕たちは 歩いてゆくよ
今 瞼(ひとみ)の奥に 輝く夢は いつでも いつまでも

新たな道に進むのは、誰のためでもなく、自分自身のため。 

新たな旅立ちを決めた時、そっとそばにいて寄り添ってくれる曲です。

 

③NA!NA!NA!(「きっと大丈夫」C/W)

「もう二度と戻らない春」の歌。

物凄く明るくてノリノリなのに、切なく湿っぽい歌詞。

これぞ嵐の真骨頂!だと思います。明るい曲調なのに歌詞が切ない、まさに「嵐といえば」って感じ。

「君とサヨナラ」なのに悲しくない。むしろ、これからも頑張ろうって思える歌です。

ななっなっなっなっなっなー♪走れいぇいいぇいいぇい!って口ずさみたくなる。

あとラップが大好きです。C&Rしたくなる。コンサートでやってくれ。

 

PIKA★★NCHI DOUBLE

 終わったはずの夢がまだ 僕らな背中に迫る
刻まれた想い出が騒ぎ出す
限られた愛と時間を 両手に抱きしめる
せめて今日だけは消えないで

 青春のきらめきと甘酸っぱさとほろ苦さを果汁100%のオレンジジュースかよってくらいギュッと詰め込んだ一曲。

「春」っていうよりは「別れ」って感じ。

エモい。超エモい。青春って後々思い出すと「ほんっとバカだったなー」って思い返すことばかりだけれど、まさに「最高で退屈な日々」っていう歌詞にすべてが集約されてると思います。

卒業した何年かあとの春に聴いて、あの頃を思い出したい曲。

私が嵐にハマった頃「隠された名曲」とか言われてたけど、最近コンサートで大事な所で歌われたり、番組のいい場面のBGMに使われたりしてて嬉しい。

 

スーパーフレッシュ(「マイガール」C/W)

たぶん春うたじゃない。リリースも秋だしな!

でも「春に聴きたい」嵐曲、スーパーフレッシュ

新たな道へ進もうとしている人に送りたい歌。

明るい曲調と、前向きな歌詞。

「明日もまた頑張ろう!」って思える曲です。

 

⑥Step and Go

新たな季節にオススメ。

「We're gonna step and go!」で五人が円陣組んで、手を上げてはじまるところが凄い好き。

「ここから始まる明日でずっと思い出は輝き続ける」から何も恐れずに踏み出して、歩いていこう、って思えるような曲です。

 日々をこうして過ごす中に
灯りの様キラリ光るばかり そう
いま僕らは交点を結び
それぞれの道へと進み
包み込む日々が輝きだすのは
時がそれを彩り光るから

僕はそして交点の先へ
いつかまたね交点の先で

 「交点」とは、人と人との出会いだったり、人生における岐路だったり、生きていれば出会いもあれば同じ数だけ別れもあって、それを経てまた成長できるのだろう。だから「僕」は歩き続けるのだ。

別れてもまた、「その先の交点」で会えるから。

 

⑦手つなごぉ(「サクラ咲ケ」C/W)

かわいい!とにかくかわいい!

春先に公園のベンチで聴いて「ふふっ」ってなりたい曲。

ケンカして家を飛び出した彼女を追いかけて、迎えに行く。

そんなとき、彼が選んだ仲直りの言葉は

「手、つなごう」。

何それ可愛い!!!!可愛い!!櫻井くんとこんな恋がしたい!

手のぬくもりが口下手な彼と、意地っ張りな彼女の心のわだかまりを、だんだんと融かしていく。

心が暖かくなる歌。

 

⑧ROCKYOU(アルバム「Time」)

「さあ、恋を始めよう」みたいなキャッチフレーズを付けて、カルピスのCMとかのBGMで春先に流して欲しい。

聴くと絶対、恋がしたくなること間違いなし!

ROCKYOUの「恋」はまるで「春の始まり」のように、明るくキラキラとして希望に満ち溢れていると思います。

 

⑨LIFE(アルバム「Time」)

櫻井さんのエイブルのCMのイメージが鮮烈で、「新生活といえばLIFE」みたいな感じがあります。

新しい環境でうまくいかないことも多いだろうけど、この曲を聴けば、「明日も頑張ってみよっかな」ってなるはず。

 

春風スニーカー(「きっと大丈夫」C/W)

真打ち登場。

凄く!!!すっごく!!!!すごい好きなんです!!アメトークに「春風スニーカー」芸人で出れるくらい好き。アラフェスも2回とも投票したし、嵐楽曲大賞も投票したのに!!!

アラフェスは夏だから採用されないの仕方ない、ならば春にコンサートやろうぜ、お願い我らがミスターJ。春コン検討もしくはセトリに組み込んでください。

どうして日の目を浴びないのか!8×4のCMだけじゃもったいないよ!

(ここからごく個人的な願望になってものすごく申し訳ないのだが、sakura,Love so sweet(午後ティーのCMに起用されたらしい)と楽曲のみ提供が目立ち始めた嵐さん、後輩のドラマ主題歌にどうですか?有川浩さんの「植物図鑑」という小説に物凄くぴったりだと思うので実写化の折は是非、「春風スニーカー」を。あと、こういう発言すると原作ファンと御本人のファン、双方に刺されそうだけど、イツキを演じる加藤シゲアキさんが見てみたい。)

曲の話に戻ろう。

 春の風に誘われるようにフラリと外に出たよ
特別大事な用がある訳じゃない
気がついたら日差し浴びながら微笑んでいた僕は
それだけなのに何故か少し幸せだった

 出だしっからもう「春」!って感じ。なんだかワクワクして、新しいスプリングコートと明るい色のスニーカーを履いて、外に出かけたくなる。何をするにも希望が持てるような、そんな曲。

「 立派に胸張っていえる事が全てじゃない心で感じればいい 」

どこまでも前向きに明るく、ちょっぴり切ない応援ソング。

ドコニイク?ナニスル?気分に任せてみよう!君と一緒なら、どこへだって行けるから。

 

10個に絞るの超悩んだ!(その割には春うたじゃないのばっかりだが)

そして、改めて見ると同じような年代ばっかりだな!!10選に漏れたけど「サクラ咲ケ」も「Love so sweet」も春うたですね。特に2006~07にかけての嵐は切なく希望に満ちた楽曲が多いのかな。

是非、他グループの春うたも聞いてみたいので誰か他G担のお姉サマー頼みます。

 

*1:作詞/作曲の方。敬称略ですみません