読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ろじかりずむ

好きなんだから仕方ない

2014楽曲大賞関係

ジャニーズ楽曲大賞2014/嵐楽曲大賞1999-2014のログを発見したので記録程度に。

ジャニーズ楽曲大賞2014】

楽曲部門1位:「ぶつかっちゃうよ」 Sexy Zone
まさにジャニーズ!まさにアイドル!王道まっしぐらアイドルソングをまっすぐにキラキラとこの曲を歌い遂げる5人はまさに「アイドル」の名に恥じない輝きを放っていると感じさせられます。

楽曲部門2位:「言ったじゃないか」 関ジャニ∞
クドカン作詞なんてずるい!羨ましい!でもここまでマッチしてしまうのが一番ズルい!ドラマの世界観とも関ジャニ∞の皆さんのガムシャラ感とも物凄いピッタリで彼らはこの歌を歌うために生まれてきたのかと、他担ながら思います

楽曲部門3位:「Tell me why」 嵐
世界で一番勝ち組と言っても過言じゃない彼らがどうしようもなく救いようがない歌を歌う倒錯感がとてつもなく甘美でものすごくイケない処を覗き込んでいるような気持ちにさせるのです。

楽曲部門4位:「Top Of The World」 SMAP
世界一のアイドルSMAPが頂点に立った今なお「TOP」を自称するって最高にCOOLだし彼らには誰も敵わないな、と改めて実感させられる

楽曲部門5位:「Disco Star」 嵐
これはズルい。本当にズルい。良盤「DIGITALIAN」の中でもダントツにトップ。一度聴いたらもう一度、もう一度と繰り返す手が止まらず、会場でそのパフォーマンスを見た者は1人も余すことなく全員が彼に恋に落ちる。聴いた者、見た者全てを虜にする貴方はまさに正真正銘のディスコスターです

未音源化部門:なし

現場部門:ARASHI BLAST in Hawaii
ヘリで登場してヘリで帰る。誰が想像し得ただろうか。誰がこんなこと思いつくのだろうか。ハワイに行ける人数がギリギリまで詰め込んでもやっぱり今の彼らを求める人数より遥かに少ない。そこで苦肉の策として行われたLVでさえ彼らのライブを現地で体感してるかのような熱量感が半端なかった。嵐はここまで熱いアイドルになったのか。ハワイでやると聞いて「嵐バブルもここまでかな、まさかハワイを超えるものはもう無理だろう」なんて思ってしまった5月の自分を平手打ちしたい。彼らはまだまだ頂点に貪欲でこれからも著しく成長を遂げその度に私達ファンはただただ感服して彼らに従うしかないのである。そう感じさせられる素晴らしい公演だった。

自担部門加藤シゲアキ

嵐楽曲大賞1999-2014】

楽曲部門1位:「ROCK YOU」
この曲でラップする担当を見た時恋に落ちました。どうしようもなく愛おしく、そして愛を感じられる曲です。いつまでも大好きです

楽曲部門2位:「春風スニーカー
「立派に胸張って言えることが全てじゃない
心で感じればいい」どこまでも前向きで明るく少し切ない応援ソング

楽曲部門3位:「COOL & SOUL」
攻めの嵐にニヤリとしてしまう。どこまでも貪欲で強気で正真正銘のパイオニアである彼らがとてつもなくたまらないのです

楽曲部門4位:「スパイラル」
どうしてライブでやらないのか!!!!!!!こんなにも嵐映えする曲無いでしょうよ!!!!!!!!!最高に愛される彼らが最高に報われない歌を歌うのが大好きです。あと個人的にはRapの「君のことなど興味ない」でうおおおおおおお!!!!って感じです
(コメント採用されて嬉しかった思い出。今見返すとテンションだけで書き綴っていて恥ずかしいですね(笑))

楽曲部門5位:「オーライ!!」
最高に盛り上がる!これも何故ライブでやらないのか!定番曲になりそうなキャッチーなメロディラインが好きです

相葉雅紀ソロ曲部門:「Friendship」
友達思いで仲間思いな相葉くんをぎゅっと濃縮した曲。本当に仲間思いな相葉くんだからあの歌詞が響くのだと思います

松本潤ソロ曲部門:「Yabai-Yabai-Yabai」
ヤバイヤバイヤバイヤバイ!あのMJウオークがもう一回見たいなーと

二宮和也ソロ曲部門:「夢(柴田淳)」
他の方の曲ですが「ああやっぱり二宮さんだなぁ」と。あんなに深く人を愛せるなんて

大野智ソロ曲部門:「Rain」
天才。としか言いようがない

櫻井翔ソロ曲部門:「Hip Pop Boogie」
ペンシリーズだったりuntiunti,all or
nothing,COOL&SOULありきの曲ですが初めての5大ドームのタイミングでこの作詞にニヤリと来ました。やっぱり彼は最高に攻めの姿勢を貫き通すのか。時代の先駆者である彼の背中をいつまでも追い続けたいと思える曲です

自担部門櫻井翔