読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ろじかりずむ

好きなんだから仕方ない

ここが凄いよ!「傘をもたない蟻たちは」

NEWS

ドラマ「傘をもたない蟻たちは」(フジテレビ系列 土曜23:40〜)もいよいよ折り返し地点、起承転結でいうところの「転」に差し掛かろうとしています。
全4回なのであと2回で終わってしまう、それでももっと多くの人にドラマ「カサアリ」を知って貰いたい、見て貰いたい、ということで、

「今このドラマがアツい!ドラマ『傘をもたない蟻たちは』勝手にプレゼン大会〜!!」
「原作は読んだけどドラマは見てないや」「原作自体読んだことないしなにそれ?」という方の為に簡単にですが、ドラマ「カサアリ」及び原作小説「傘をもたない蟻たちは」について紹介させて頂きます。

ここが凄いよドラマ「カサアリ」

①原作者が役者として出演
ドラマ「傘をもたない蟻たちは」は同名小説が原作となっており、その作者は我らがジャニーズ唯一の小説家・加藤シゲアキさんです。

しかも演じる役どころが桐山漣さん演じる主人公の作家にアドバイスをする幼馴染

うわーー!!!メタフィクション!!メタが過ぎる!!!!
小説が書けないことに悩む主人公に加藤さん演じる幼馴染が助言して小説を書き上げてくってどんだけメタ構造だよ!!!
「ジュンちゃんが書いたイガヌの雨超面白かった!」と自分の作品を、ドラマの役柄になりきってべた褒めする原作者・加藤シゲアキ
原作ベースの劇中劇として繰り広げられるドラマ中の小説を書き始めるきっかけを与える原作者・加藤シゲアキ
「なんとでも言えんだよ、書いたことない人間はぁ!!!」と怒られる原作者・加藤シゲアキ

うわああメタが過ぎる!!!メタりまくってる!!!いよいよわけがわかんなくなってきた!さすが自分で「加藤メタアキ」って名乗るオトコ!その名に恥じないメタっぷり!!!
メタ構造好きな人は絶対カサアリ好きだと思うの....

②主題歌も加藤シゲアキ
原作者として、そして一役者としてクレジットされるだけかと思いきやなんと主題歌も歌う加藤先生。
許斐神かよ......*1
まあ本業はこっちだけどな!!!!
加藤さん歌い出しの曲は大抵名曲っていう定説があるのですが、今回の「ヒカリノシズク」も凄くエモーショナルで少し切なくも前向きな気分になれるNEWSらしい応援歌です。

そういえば今回も「君がいた夏」「バタフライ」に引き続き手越さんが推して加藤さんAメロということでてごしげ尊いです。手越さん本当にありがとうございます。

③CMも加藤シゲアキ
もはやドラマのプレゼンでも何でも無いがCMにも御出演なさっていらしゃる。
最後までチョコたっぷりなトッポ並みに本編以外もシゲアキたっぷり。

そのCMがまた可愛いんですよ!!!奥様!!!

ニッセンさんの「touch,n」のCMはNEWSとしては約5年ぶりのグループ全員でのCM。下記リンクから動画を見ることが出来るのでもしよろしければご覧くださいませ。
【ニッセン】touch n,

トイプードルを携えてにっかりと笑う加藤さん大天使!!!国宝にしよう!!!
加藤さん以外もみんなキャラに合ってて凄い!!ニッセンはNEWS担か!?

さらにこのCMのバックで流れている「touch」という曲もNEWSが歌っております。可愛らしいメロディと振り付けがポイント*2!春にぴったりのウキウキポップチューン!!!

この「touch」と先述した「ヒカリノシズク」は来る1月20日に両A面シングル「ヒカリノシズク/touch」に収録され発売されます。
両A面でPV2種はNEWS13年の歴史でなんと今回が初めて!!両A面って両方PV付くと思うじゃん?!初めて!!!
しかもドラマ主題歌がシングル表題曲になるのも初めて!!!

ヒカリノシズク版の原作にそった世界観のしっとりとしたPV、touch版のグラフィックを多用して華やかに演出しつつNEWSの仲の良さが伺えてとても可愛らしいPV、是非ご覧になっていただけると嬉しいなぁと思います。何かに例えるなら「ヒカリノシズク」は嵐「beautifuldays」的なPVで「touch」は「きっと大丈夫」と「troublemaker」のいいとこ取りって感じかな?ヒカリノシズクはとにかく美の能力、高い歌唱力によるアッパーパンチ、touchはジャニーズ必修科目的わちゃわちゃ感満載でとってもキュートです❤︎
PV付きの初回盤にはどちらにもメイキングが付くのでそちらも必見でございます。結構落ち着いたイメージで見られがちのNEWS、意外と仲がいいんです、っていうか良すぎるんです!4人揃うとマジ最強っていうかもはや動物園?!詳しくはメイキングを見てくれとしか言えない!


初めてづくし、加藤さんが自らの筆の力で勝ち取ったCD、「小説を書くことでグループに還元したい」と仰っていた加藤さんの夢が叶ったCD、どうしても色んな人にお手にとって欲しいのです。

「先輩に負けちゃうよふぇぇ><買って><」ではなく、ただ単にどちらもいい曲であり名盤だからこそ埋もれさせるのはもったいない!!
だからみんな買ってくれ!!

(追記:この度はSMAP担の皆様に私たちのせいで余計な心配までお掛けしてしまって本当に申し訳ございません。 完全にこちらのワガママであり自己中心的だなぁとはわかっているのですが、今回のシングルにこれだけの思いがあって彼らやレコード会社、そして私たちファンがこの一枚に懸けている、ということを少しだけでもわかって頂けたら嬉しいです。先輩方の邪魔がしたいとか自分たちのことしか考えてないとかそういうわけでは皆様決して無く、愛故に周りが見えなくなって心ない言葉を吐く人や皆様にご迷惑をお掛けしてしまっている人が一部いること、大変申し訳なく思います。
お互い「だからNEWS担はマナーが悪い」「何故このタイミングの購買運動なんだ」などと言わず、共に幸せになれるような道を探していけたら幸いでございます。
私個人としましては、ラジオ投書、ファミクラへのハガキ、web上での署名活動に参加させて頂きましたがもし他に出来ることがあったら教えてください。
また、今回のことを受けて「NEWSのCDも買ったよ!」と言ってくださるSMAP担の方がいらっしゃることに本当に感謝しかありません。凄く凄く大変な時に余計な心配をお掛けして本当にすいません、でも凄く嬉しいです。ありがとうございます。)

④原作既読でも未読でも楽しめる!
「傘をもたない蟻たちは」はもともと短編小説集で、今回のドラマ化に辺りその中の「インターセプト」「恋愛小説(仮)」「にべもなくよるべもなく」をベースに一つの物語として再構築されています。
ドラマプロデューサーさんが仰った「因数分解して再構築」はまさに、という感じで、原作の3つの短編をベースにしながらもピースを上手く組み合わせてドラマとして完成させた感じ。

よって、原作小説とドラマは全く話が違って、原作既読でも最終回の展開はまだ誰にもわかりません。これからどんなどんでん返しがあるか!!

「原作改変は全て悪」という人がこの世にはたくさんいることは知ってますし私も例に漏れず原作ヲタなので、今回のドラマ化の「因数分解して再構築」全く期待してなかったのですが普通に面白かった!!というかむしろ面白すぎて今この記事を書くに至ってます。
原作を変えても映像として面白い上に原作の風味は失われてないって最高じゃない!?
原作≠ドラマですがどちらも別物として面白いので、原作未読でも十分楽しめます。むしろ原作未読の方が新鮮な気持ちで見られて楽しいかも。
あと、ドラマの方がいくぶん言葉遣いや展開がマイルドになってるので何も考えずに見れるかも。尺の問題もあって凄くテンポよく進むのもポイントです。

「活字ってちょっと抵抗ある〜」って方は是非ドラマから加藤シゲアキワールドに足を踏み入れるのはどうでしょうか?

⑤20分×4話でサクッと見れる
全4話、放送時間も25分(CM込み)なので実質全部で80分くらいかなぁと思います。尺が短いせいで原作のなんとも言えない気持ち悪さや心の葛藤みたいなものはほぼカットされてるけど、逆にドラマとしてはそちらの方がテンポ良くていいかも。時間が無い方もこの量ならすぐ見れちゃいますね!
体感としては「劇団演技者。」とか「0号室の客」みたいな感じの長さって言えばみんなわかる?

⑥どこか憎めない主人公・ジュン
桐山漣さん演じる主人公・ジュンの書く小説がこのドラマのベースとなっています。
んでその劇中劇がどうもどれも童貞臭い(貶してないよ!)
ハードボイルドぶってるのに、頭の中ではすぐに女とまぐわうことしか考えてないしなんならその妄想も凄くなんか中学生の男子的な可愛らしさに溢れてらっしゃって、なんていうかもうどうしようもないスケベなのに放っておけない。
ケイスケ*3にすら「企画もののAVかよ」とツッコマれる酷さ。
しかもそれだけ求めておいてしばらく彼女いないんだもんなぁ!彼女いない故かな!?っていうかそういう思考回路だから彼女いないのかな!?かわいい!!
桐山漣さんといえば左翔太郎(仮面ライダーW)ですが、翔太郎を彷彿とさせる残念なイケメンっぷりをあますところ無く発揮してくれています。

⑦ケイスケが可愛すぎて生きるのが辛い
加藤シゲアキさん演じるジュンの幼馴染ケイスケ。
長年音沙汰が無かったのにいきなりジュンの家にやってきた上に何故か勝手に住み着きはじめます。
ジュンもそれを全く気にとめる様子も無く普通に話してる。なんだこれ。
しかも、執筆中だったり睡眠中のジュンの代わりにちゃっかりご飯を作ってくれたり後片付けをしてくれる。
ジュンが行き詰まった時は助言をし、ジュンが酒に溺れそうな時には窘め、彼の健康を気遣う。ジュンに邪険に扱われるとしょんぼりする。

何これ嫁かよ!?

僕こういうラブコメ読んだことある!!!ケイスケのポジションは女の子だったけど!!!ジュンちゃん的発想で行くとこのあと(自主規制)な展開になるやつじゃん!!!!

ジュン「お前は俺のお母さんかよ!」....デ、デスヨネーーー(^∇^)

さあみんな一緒に「はまぐりぐーりぐりー」(天使の呪文)

⑧ケイスケの正体は?
⑦で紹介したケイスケ、いきなりやって来て居候する以外にも不自然な箇所が多く見受けられ、彼の正体がこのドラマの鍵を握りそうです。
気になった箇所をいくつか列挙致しますと
・いきなり押し掛けた上に馴れ馴れしい
・自己紹介もなしに普通に家の中に入ってくる
・「長旅」という割には恐ろしく軽装
・家族や地元の話になると目をそらす
・編集者が来た時は絶対現れない
・毎日同じ服を着ている
・「ごめんジュンちゃん、俺もう行かなくちゃ」

ああ、なんかめちゃくちゃフラグを立てまくっている気がする!私の予想で行くと原作における⚪︎⚪︎のポジションがケイスケかな、なんて思っているのですが神のみぞ知る。
ケイスケが何者か知りたい人、今からでも遅くないよ!

⑨テンポのいい劇中劇
劇中劇として原作の短編をジュンが演じるというメタがメタすぎてわけがわからない展開になっているわけですが、まあテンポがよくてサクサク進む!原作との乖離は激しいけどドラマの劇中劇としては凄く面白い!演出もわざとかわからないけどB級ドラマ感プンプンで深夜ドラマとしては凄くぴったりだなぁと思います。

⑩ドラマもいいけど原作もね!
④で「原作未読でもドラマを楽しめる」とは書きましたが、ドラマ≠原作だからこそ是非原作も読んでいただきたい。
原作小説は「今を生きる人々の「生」と「性」を浮き彫りにするどこか生きづらそうな人々の葛藤」を描いた6作品からなる短編集で、どの話も決してハッピーエンドではありません。ドラマと違ってもっと人の痛みや悲しみにフューチャーしたのが、小説「傘をもたない蟻たちは」です。
短編集なので、普段本を読まない人や長編加藤シゲアキ作品を挫折した人でも比較的読みやすいんじゃないかなって思います。
ドラマを見た上で「えっここをこう組み合わせたのか!」「あのキャラって実はこういうキャラなんだ!」って答え合わせするのも面白いかもしれませんね。

傘をもたない蟻たちは

傘をもたない蟻たちは


と、ここまで長々と紹介しましたが少しはドラマ「カサアリ」お分かりになりましたでしょうか?
少しでも興味を持って頂けたら幸いです。
第3話は1月23日(土)23:40〜フジテレビにて放送されます。
また、第1話、第2話を見てみたいけど近くに録画している友人がいない!という方は公式で見逃し配信されておりますので(最新話は無料です)是非活用なさってください。
傘をもたない蟻たちは - フジテレビの人気番組を動画配信!|フジテレビオンデマンド(FOD)


みんなカサアリ見て(切実)

*1:テニスの王子様」原作者・許斐剛さん。主題歌は歌わないけど単独ライブとかやってる

*2:Mステはグダグダだったけど改善されるはず

*3:幼馴染