読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ろじかりずむ

好きなんだから仕方ない

はじめてのキンプリ

「キンプリはいいぞ」、皆口を揃えて言います。
あんなに理性的で簡単には流されない強い意志を持ったあの人も、ガチめDヲタのあの人も、ハロプロを始めとし基本的に女子ドルを応援しつつジャニヲタでもあるけれどそんなに二次ヲタの印象がないあの人も皆取り憑かれたかのように「キンプリはいいぞ」「キンプリを見てくれ」「プリズムの煌めき....」としか呟かなくなりました。何これ怖い。っていうかキンプリって何だ。(MR.KING vs MR.PRINCEじゃないらしいぜ、ジャニヲタ諸君。)


そんな折、ついにキンプリヤクザに目を付けられる。
(※鍵アカなのでIDは伏せていますが名前欄は今彼女が一番伝えたがってることなのでこのままの状態で公開します)

プリズムの煌めき=閃光スクランブル*1という強引さ!!っていうか読んでくれ!????

そうなると話が変わってくる。2つ目の呟き時点では「時間合えば見よっかなーチラッチラ」くらいの心持ちだったのですが、まあ映画見るだけで一冊閃スクが売れるなら、加藤さんが印税御殿*2へ一歩近づくならお安い御用です。もはや目的がわからないヲタ同士の異種格闘技。閃スクはいいぞ。ピングレとBurnと傘蟻もいいぞ。
というわけで、初キンプリ、キメて来ました。

※本編ネタバレが含まれますが、読んでから鑑賞しても特に支障は無いと思います。

そもそも"キンプリ"とは何なのか?
正式名称は「KING OF PRISM from pretty Rhythem」
プリティリズム!??ょぅι゛ょ向けアニメじゃねーか!????キンプリヤクザはロリコン....!?
「本当に面白いのか...?」と半信半疑で公式HPを覗いて見たら更に分からなくなった。
「KING OF PRISM by PrettyRhythm」公式サイト

ょぅι゛ょ1人も居ないじゃねーか!??

from pretty rythemとは何だったのか。今の所pretty要素が一つも見当たらない。pretty rythemを名乗るのならょぅι゛ょパイセン向け要素があるだろうに今の所HPを隈なく眺めても見つからない。むしろ絵柄的にTBSで日曜の夕方からやってそうなアニメ臭がする。
どういうことだってばよ......
そもそもプリティリズムを全く見たことが無いのでもしかしたら本編にHPの絵のなんか強そうな少年たちが出てきてたかもしれないが、そこはよくわからない。

公式から情報を得るのを諦めてTwitterを覗く。



KING OF PRISMはいいぞ。 - ただの掃き溜め場




凄い!!!何言ってるか全くわからない!!!Twitter見なきゃよかった!!まともな人しかフォローしてないはずなのに何だこのTL!?
キンプリ鑑賞前のあの人を返してくれ!!と叫びたいくらいみんなキンプリに毒されている。怖い。
あとみんなケンティーの話ばっかりしているのだがラブホリ王子様は中島健人ただ1人だけで十分である。キンプリに見せかけて実はみんな黒崎くんがなんちゃらみたいな映画を見たのではないか?(主演がケンティーだった気がする)ケンティーが8人いる世界怖い。

さて、急遽鑑賞を決めたのでプリティリズム未視聴、キンプリについても公式HPトップのイラストとイントロダクション、プリズムの煌めきが凄いらしいという薄っすらとした前情報で鑑賞しまあした。ぶっちゃけこれらの前情報で凄い混乱したまま臨んだのとどれも全く意味がなかったのでほんと予習なしで大丈夫だと思います。

いやーー、想像の50000倍すごかった!!!!
"ヤバいらしい"と耳にしてはいたので結構トンチキハードル高めで臨んだのですがわけがわからない!とにかく凄い!!

まず本編開始前に週替わりコメントが流れるらしい。ここまではまあアニメーション作品にありがちなのでまあ良し。
しかし突如女の子が登場し投票を呼びかけてくる。
「わたしもプリズムスター総選挙に出てみよっかなって!」
いやいや?!!誰??!!プリズムスター総選挙とは??そもそも「私」??少年がいっぱい出て来る作品じゃなかったのか???
どうやら総選挙があるらしく、実際に投票出来るらしい(入り口で投票券を渡される)。それを踏まえ作中1時間でまず推しメンを決めることを目標に鑑賞した。

やっと本編。
国立競技場が映し出され屋根が開く。国立埋まんのか.....凄いな....などとちょっと外れた感想を持ちつつ画面に見入る。
視聴者に全く説明無しで突如始まるプリズムライブ。なるほど、アイドルみたいなものか、と思ってたら何故かスケート靴を履いてる男性3人組「Over the rainbow」(通称:オバレ)。何の説明もなしに始まるプリズムジャンプ。なんかプリズムジャンプをするとめちゃくちゃエフェクトが発生してその煌めきがプリズムらしいよ!うん、よくわかんなかった。
突如始まる謎のサイクリング。謎のアフレコ。どうやら観客とオバレが2人乗りしている設定らしい。「はい、あーん♡」だの「え?」だの女性のセリフは字幕だけ映し出されて声が入ってないのでとってもシュール。っていうか2人乗り中にソフトクリーム食べさせ合うのは危ないぞ!?最後に「自転車の二人乗りはやめようね✩」と3人がキラキラ笑顔で注意してくるがそういう以前の問題だと思う。

とりあえず簡潔にまとめるとこの世界ではプリズムショーというスケート+アイドルの融合のようなものが人気を博していて、超人気プリズムユニット「Over the rainbow」の3人とそれに憧れプリズムショーの世界に入る少年・一条シンくんを中心とした笑いあり、涙ありの青春ミュージカルである。

とりあえずプリズムショーについて何もわからないけど、プリズムライブに来ちゃっていきなりプリズムスター育成学校「エーテルローズ」に入学する一条シンくんは私たち並みにプリズムショーについては初心者なのでとても心強かった。なんだかんだ言って全部シンくんが説明してくれるから大丈夫!!

お尻からハチミツが出たり裸になってハグしたりまあ文字にするとよくわかんないんですが、とりあえず見てくれ。

この映画の見所は何と言っても「シンメ」。
ジャニヲタ大好きシンメ。
まず、一番メインで描かれてるのはこの2人。

天才的なプリズムショーの才能を持つヒロと、作詞・作曲の才能を持つコウジ。
ヒロとコウジは時代に運命の出会いの後、ユニットを組み、2人でのデビューを夢見るも、事務所の推されであるヒロと共に非推されであるコウジをデビューしるには、コウジがヒロのゴーストライターになることが条件だった。
酷く傷つくコウジ、推されるヒロ。
ユニットを解体しコウジの曲を自分の曲として歌うヒロ、ただただ見守ることしか出来ないコウジ。いつしか2人はすれ違っていく。
もう!!!もう!!この時点で切ない!!!
この対比しんどい;;;;;;;コウジ負けないで;;;;

しかしここは本編じゃないのでたぶんプリティ リズムでもっと詳しくやってるんじゃないかな。

なんだかんだ言ってヨリを戻し、新たなメンバー・カヅキを加え3人組"Over the Rainbow"としてデビューする2人。今度はちゃんと作詞・作曲"神浜コウジ"である。2人ともよかったね;;;;
国立競技場でライブする3人。コウジが何やら高級そうなご飯を2人に振る舞い、仲間の素晴らしさをシンに熱弁する3人。
何もかもが順風満帆かと思えたが、事務所の借金の肩代わりをするためにコウジがハリウッドに行かなくてはいけないらしい。コウジが居なくなったオバレは活動休止、残された2人は芸能活動自体を休止することになった。この話、タイムリー過ぎてなんかとても胃が痛い。鬱になりそう。
っていうか事務所の借金をタレントが肩代わりって!?どうして借金でシンメが割かれなくてはいけないの!????
そしてヒロとカヅキがハリウッドへ行くコウジを見送るシーンは涙なしでは見られない。

私の推しシンメはこの2人。

いかんせんメインキャラクターでは無いので彼らについての説明はほとんど無いのだが、ジャニーズだったらシンメだと思うコンビ推されっぷりだった。

そしてタイガくん超かわいい!!超推せる!!!!というのも、私はキンプリ世界ではタイガ担である。
ツンケンしてて素っ気なくとっつきづらいのだが、情に厚く、目上の者に対する信仰は欠かさない。カケルにすぐ突っ掛かる割にはカケルが嫌がる"カズオ"呼びをしない。何これかわいい、めちゃくちゃ推せる。タイガ担として彼のデビューまでを見守りたいだけの人生だった。

お調子者で何かと人の癪に触る言動や行動が多いカケルに対し、タイガがいちいち突っかかるのが大変かわいらしい。是非バラエティ番組とかに2人で出てるのが見たい。
少クラでブギダンを踊るタイガくんとカズオ。24時間TVの手紙企画でカズオに「ずっと一緒にいますね、本当にずっと」とか言い出すタイガくん。カズオに向けたソロ曲を作るタイガくん。誰も取らないって言ってるのにカズオ担TOPのタイガくん.....
やっとデビュー出来てもシンやユキさまの影に隠れてなかなか推されないんだけどその2人が頑張った結果曲割が増えたり2人の番組とか貰える未来が欲しい。

何言ってるかわからない人はとりあえず劇場に行って欲しい。カヅキとアレクのダンスバトルのシーンとボロネーゼパッパルデッレのシーンのこの2人がオススメだよ。

感想を書き終えてもあの映画については全く理解できなかったがとりあえず「また見たい」と思った。そして、是非声を出して観たいなぁと感じた。
まさに合法ドラッグって感じ!!!幸せの麻薬!!!

ストーリー理解できなくても"ショー"として面白いからプリズムショーを見に来てくれないだろうか。
あのEZ DO DANCE/TRFに合わせて行われるダンスバトルは圧巻である。
プリズムショーを見たシンが思わず脱ぎ出す気持ちも今ならわかる。

プリズムの煌めきってこういうことか。ちょっとバカにしててすいませんでした。凄いなんか感動した。是非みんなに見て欲しい。

ジャニヲタの皆さまは自分なら誰担か?ということを考えながら見てみると面白いかもしれない。(実際同時間帯で見たフォロワーさんがたと鑑賞後に交わした会話が「誰担ですか!?」だった。みんな考えることは同じ。)

絶対みんなでコールとかしながら見た方が楽しいだろうなぁ、と思ったんだけど、どうやら応援上映(サイリウム有、コール有の何でもしていい回)を各地でやってるらしいので、タイガ担として応援上映キメてきます✩

(続編を匂わせる終わらせ方だったので続編があるものだと思ってたら今回の収益次第らしいので、もし少しでも興味ある方は是非...!)

追記①:キンプリの話をするTwitterアカウントを作りました。期間限定かと思いますがもし見かけたらよろしくしてやってください。→@sobatabero

追記②:閃光スクランブルはプリズムの煌めき

*1:加藤シゲアキさんの著書。文庫版もあるよ。閃スクはいいぞ。

*2:加藤さんに印税で庭付きの大きな家を買って穏やかな人生を送って貰いたい欲