ろじかりずむ

好きなんだから仕方ない

加藤シゲアキを知らない君へ

加藤シゲアキさん、24時間テレビスペシャルドラマ主演おめでとうございます。難しい役柄ですが、貴方らしく真摯に向き合ってくださると信じて楽しみにしております。

24時間テレビドラマスペシャル「盲目のヨシノリ先生 ~光を失って心が見えた~」|日本テレビ

さらに、7月スタート日本テレビ系ドラマ「時をかける少女」出演&エンディングテーマ「恋を知らない君へ」、おめでとうございます!こちらも楽しみ!

時をかける少女|日本テレビ

 

でだ。2本のドラマに加え24時間テレビ本編、3本(➕月1)のレギュラー番組、2本(片方はメンバー持ち回り制)のラジオレギュラー、週刊誌連載、その他もろもろ書評や短編小説などなど、この夏最高にアツい男・加藤シゲアキさんをまだ知らない、というそこの貴方のために簡単に加藤シゲアキさんを紹介したいと思います。

いざ共演することになったけどぶっちゃけ加藤さんのこととか顔しかわかんないっていうそこの風磨担や、NEWS気になるけどどれが誰だかっていう貴方にこそ読んでほしい!

新曲タイトルに因んで「加藤シゲアキ*1を知らない君へ」という記事を贈ります。

また、この記事を読んでいる NEWS担の皆様はもしよかったらこのお題を使ってNEWSのいいところをいっぱいいっぱいアピールして欲しいなぁと思います。

お題「NEWSを知らない君へ」

0624追記:私はNEWSプレゼン用に使いましたが、他の参加者の皆様のエントリーみたいにドラマ「時をかける少女」のようにNEWSを知らなかった頃の自分にタイムリープしたエントリーも読んでてきゅんと甘酸っぱい気持ちになって素敵だなぁと感じました。

『今NEWSを知らない"君(他者)"へ』、『NEWSを知らなかった頃の"君(自分)"へ』、その他どんな解釈でも構いません。どんな使い方でもいいから、「NEWSを知らない君へ」の手紙、書いてみませんか?

ハッシュタグも作ってみたから活用してみてね! #NEWSを知らない君へ #にゅすしら

 

 

加藤シゲアキさんってどんな人ですか?

1987年7月11日生まれのA型。一人っ子で左利き。広島出身、幼少期を大阪で過ごし後に横浜で育つ。

ジャニーズ事務所所属アイドル「NEWS」のメンバー。メンバーカラーは緑。

小説家としても名を馳せている。

釣り、料理、浮世絵、映画、音楽、魚の飼育など多岐にわたる趣味を持ち、しかもそれらを極める傾向にある。

特に料理は週4で自炊をすると自称するほどで、からすみを作ったり、カツオを解体したり、自宅で15kgもの梅干しを漬けたりしている。業者かよ。

 

クールに見えて実は情に熱い人です。

手越さんが赤い炎をメラメラと燃やしているとするなら、加藤さんは心の奥でひっそりと青い炎を灯すタイプ。赤に比べて寒色で一見冷たく見られがちの青い炎が実は赤い炎より温度が高いように、実に野心的で貪欲。

手越さんが以前雑誌で「俺が太陽なら、シゲは月」と言っていたのが実に言い得て妙だと思います。

月のように静かで冷静な人だけれど、 太陽に次いで明るく、暗闇の中で彷徨う人々をそっと照らす、そんな人。

 

メンタルおばけ手越さんやど天然小山さんの陰に隠れがちだけど、案外子供っぽいところもあったりする。

唯一の同い年手越さんにちょっと兄貴ぶってみたり、小山さんにいたずらしてみたり。

自意識過剰で案外頑固。

自意識を拗らせすぎてて、「ラッキーナンバーや好きな数字はありますか?」という質問に対し「誕生月の7だけど、"シゲって7月生まれだから7がつくアイテム持ってるんだー"って思われたくないから、そういうものはあえて避けて生きてる」と返す。

めんっっどくせえ!???誰も気にしてないよ!?とにかく面倒臭い。それでも、彼にとっては一大事なのである。そんなところも愛おしい。

一度火がつくと気が済むまで語り倒すタチがある。

ハートの人参がどうしても許せなくてその話を延々と熱弁し、小山さんに「うるっせえ」と一蹴される始末。

靴べらについてあんなに熱く*2語る人いる?私は見たことないです。

語り始めると物凄く早口でクソ長い!そんなオタク気質を持ち合わせている加藤さん。同類の匂いがします。

 

そういう加藤さんに触れてみたい方には毎週日曜23:00〜FMYOKOHAMA にて放送中の「SORASHIGE BOOK」がおすすめ!

加藤さんが加藤さんの好きな物について30分延々と語るだけのラジオ番組です。

映画好きの方や音楽好きの方に特にオススメですが、それ以外の方でも楽しそうに話す加藤さんの話しっぷりに引き込まれるはず。

9分間で22回も「マッドマックス」って発言するアイドル早々居ないよ!?マッドマックス回、映画未視聴(その後加藤さんのハマりっぷりが酷すぎて気になって見た)でも非常に面白かったです。

音楽好きの方は、是非こちらの「音楽部」リストをご覧ください。

公式ブログ→SORASHIGE BOOK - Fm yokohama 84.7

フォロワーさんがまとめて下さってる物→SORASHIGE BOOK - 音楽部 - grapefruit moon

 

とにかく不器用で優しい人でもあります。

ジャニーズエンターテイメントにはお客様窓口と言った物が存在しないのですが、それもあってかメンバーの元にDVDの特典の苦情だったり発売が遅い苦情が来たりする。あとファンマナーとかとにかく本人達がどうしようもないところまでメールが来てしまう。

無視すればいいのに、って思ってしまうけど、加藤さんは誰にでも優しいから言葉を尽くして説明しようと、応えようとしてくれます。どんな立場の人にも、どんな考えの人にも平等に優しい。

優しい、のもあるけどとにかくファン想いな人でもあります。

 

「アイドルがファンのこと考えてるだなんて幻想だよ」という言葉をよく見かける。確かに、本当に「ファン=金ヅル」「スタバカードをくれる人」くらいにしか思ってない人も中にはいるかもしれないし、現に加藤さん自身そういう人かも知れない。
それでも、私は信じたい。
だって、こんな嬉しそうな顔でファンを見るんだよ!?

f:id:quntastic24:20160624000855j:image
端正な顔をクシャっと崩し、さも嬉しそうに目を細め、愛おしげにその手をファンに伸ばすーーー果たしてこれを見て恋に落ちない人間がこの世に存在し得るだろうか。キラキラ笑顔のアイドル加藤さんもキメ顔加藤さんもどれも選びきれないくらい大好きだけれど、一番好きな表情を選べと言われたら私は迷わずこの顔を選ぶ。

もちろん、この写真だけでなく、加藤さんはコンサートにおいても本当に自分のファンのことをよく見ている。自分のメンバーカラーの服を着た人やうちわを持った人をよく見ていて、的確にファンサをする。 

(過去記事より引用)

 

ここだけの話、加藤さん、本当にコンサート中に自分のうちわ持ってたり自分を応援してくれてる子、いわゆるシゲ担しか見ないらしいよ..!(周りの他担からめちゃくちゃよく言われるけど、私も加藤さんしか見てないから真偽は分からない)

 

また、コンサート以外の部分でも加藤さんは非常にファン思いなのだ。
まず、自らのラジオ番組に届いたメールには全部目を通す。どんなメールでも、どんなにいっぱいメールが届いても1通残さず、だ。そして、全部読んだ上で自分でちゃんとメールを選んで読む。ラジオのメールはパーソナリティではなくスタッフさんが選んでいるものだと思っていたので、加藤さんの単独ラジオを聴き始め、「加藤さんはメールに全部目を通している」という話を聞いた時はとても衝撃的だった。
また、「ファンレターに脳みそ露出狂って書かれてて笑った」という話をサラッとラジオでしてて、凄く驚いたのだが、加藤さんどうやらちゃんとファンレターにも目を通しているらしい。しかもこれ、10年前の話とかではなく、2015年11月の話である。デビュー12年目のジャニーズもファンレター読むの!?正直、ファンレターはファミクラで捨てられるか、仮にタレント本人に渡って読まれず放置か燃えるゴミの日が関の山だろう、と思っていたので、ファンレターに目を通してる、かつ内容をちゃんと覚えている、というのはとても印象的だった。
それはつまり、加藤さんに何かしらの形で思いのたけを伝えれば、結構な高確率で読んで貰えるということだ。加藤さん自身決して暇ではないだろうに、こうしてあくまで「アイドルとファン」の関係で想いに応えてくれる誠実さには頭が上がらない。

(先ほどの引用と同記事より引用)

 ラジオとファンレターの話。アイドルの全部読んでるよ、ってリップサービスだろうな、って思ってたんだけど、本当にちゃんと読んでるのと、記憶力がいいからなのか「いつも○○についてのメールを下さる××さん」「(初めてメールします、というリスナーさんに対して)初めて?見たことあるけどなぁ」といった発言がさらさらっと出てくるから怖い。常連さんを何人抱えるつもりですかね!?

「最近メール増えてきて読むの大変」と笑いながらもスタンスを崩さない加藤さんが素敵。

 

アイドルとしての加藤シゲアキ

手越さんのような「キラキラ王子様」だったり、増田さんのような「THE アイドル」ではないけれど、アイドル性は高いんじゃないかなと思う。

「俺、アイドル向いてない><」みたいなキャラクター付けをしながら、しれっとカッコいいことや可愛いことを確信犯でやってくるあたりあざとい。

f:id:quntastic24:20160624032120j:image

(シゲ担がこの表情好きだと気付いたっぽくて、この顔をする回数が増えました。あざとい。)

一人称で「しげ」って言うとシゲ担が喜ぶことに気づいて、わざと「しげねー」などと発言してオタクが騒ぐ様子を見てにやにや笑ったりしています。あざとい。

にんじんのハートや誕生日ケーキみたいな可愛いものは嫌いな癖に、ぐでたまだけは哲学的だから好きなんだって。ぐでたまの話をするとしげ担萌えることに気づいたらしく、その回数が増えました。あざとい!

あざとさこそがアイドルの魅力!

 

歌や踊りの話はとりあえず見てくれとしか。私は好きだけど主観が入りそう。

割と高めのキャンディボイスの他3人に対して加藤さんのハスキーボイスはいいスパイスになっているのでは無いでしょうか。

音楽特番にいっぱい出るから見てね!(記事の最後にスケジュール置いておきました) 

 

バラエティにおける加藤シゲアキ

ありがたい事にこの4月からたくさんのレギュラー番組が増え、加藤さんも多忙を極めております。

「なんかやってるっぽいけどよくわからない!」という皆さまのために簡単に番組概要の説明と加藤さん的見所をお伝えします。

 

「変ラボ」(日本テレビ)毎週木曜24:59〜

変ラボ|日本テレビ

NEWSの4人がまだ誰も知らない未知なる新発見を求めて体を張って実験する番組。

珍食ハンターとして名高い加藤さんはとりあえずいろいろな物を食べさせられます。

f:id:quntastic24:20160624023231j:image

f:id:quntastic24:20160624023453j:image

左上からクリオネ、カラス、母乳、卵。

哺乳瓶で母乳を吸う加藤シゲアキさんが見れるのは変ラボだけ!!!

加藤さん回以外もスタッフの性癖がみるみるわかるような内容ばっかりでマジで変態ラボ、略して変ラボなんじゃないかなって最近思ってる。

「加藤さんばっかり変なもの食べさせられて加藤さんの胃が心配;;;;」と全国のシゲ担が咽び泣いていたら、なんと新企画が始まりました。

6/30放送 「運動音痴でも一位になれる新競技の開発」

幼い頃から学校では常に肩身の狭い思いをしてきた運動音痴。
彼らにとっては、スポーツ自体“苦痛”でしかない。

しかし!
既成概念にとらわれない全く新しい競技を開発したならば、
彼ら運動音痴にも、“一位”になれるチャンスがあるのではないか!?

そんな思いを胸に、NEWSきっての運動音痴・加藤シゲアキが、
運動音痴でも一位になれる、新競技に挑戦する!

予告の絵面的にこんな感じで動揺している。

f:id:quntastic24:20160624023938j:image

(まるいものがとにかく苦手)

f:id:quntastic24:20160624023927j:image

(本当にこういう感じだった)

気になる方は是非とも6/30の変ラボをチェック!

 

白熱ライブ ビビット(TBS)毎週金曜8:00〜

カトシゲのお取り寄せハウス 放送一覧|TBS「白熱ライブ ビビット」

変ラボで変なものを食べさせられたのをお口直しするかのようにとにかく加藤さんに全国各地から取り寄せた美味しいものを食べさせるだけのコーナー、「カトシゲのお取り寄せハウス」。

もぐもぐ好きのあなたにオススメです♡

更に、週4で自炊をするという加藤さんによる「シゲ足し」はお取り寄せ以外の様々な冷蔵庫のあれこれで応用できそうで主婦にも優しい!

スタジオの皆さまとも仲が良く和気藹々とした様子が楽しめるのも魅力的です。

f:id:quntastic24:20160624025030j:image

(本当に家族のようなビビットファミリー)

 

【NEWSな2人】 (TBS)毎週金曜24:52〜

NEWSな2人|TBSテレビ

金曜深夜は『NEWSな2人』!
異色の“インテリジャニーズ”NEWS小山慶一郎加藤シゲアキ
激怒する若者たちのデモ隊と向き合う デモ・バラエティ!

訴えたいことがある若者たちとゲスト有識者のガチ討論!より良い解決策を導きます。

毒を吐くドクシゲとドクシゲの毒を緩和するメディスン小山という設定があったのだけれど、どちらかというと毒を吐きがちなのは小山さんである、という感じが否めない。

まとめる立場であるはずのMCコヤシゲが妙にふわふわしてるのが不安ですがそれもまたいい味出てると思います。

加藤さんは冷静に物事を捉えているなぁという印象。怒りで激昂する若者に時には寄り添い、時には「それは違う」と向き合う姿をこの番組で見ることが出来ます。

そういや、TBSの謎の「カトシゲ」(愛称)推しなんなんですかね!?

 

少年倶楽部プレミアム】(NHKBS3)毎月第3水曜20:00〜

ザ少年倶楽部 プレミアム - NHK

NEWSがMCとなり様々な企画に挑戦します。メンバーそれぞれが1つのジャンルを極めた職人・芸能人とペアを組み、お題に対しての「取れ高」を競うロケ企画「ザ・トレダカ」。ジャニーズの人気グループをゲストに迎え、「検事」となったNEWSの4人が、ゲストの日ごろの行いを訴え有罪か無罪かを決める「ジャニーズ・ジャッジ」。そして日本の音楽シーンを代表するミュージシャンたちとNEWSが共演し、ゴージャスなステージを披露する「NEWS PREMIUM SHOW」。さらに、ジャニーズメンバーたちのステージや舞台のリポートも!放送は毎月第3水曜夜8時。プレミアムなひとときをお楽しみください。

何をやってるか?と言われると、過去3回どの回も毛色が違って説明しづらいのですが、「NEWSってどんなグループ?」ということが知りたい場合はこの番組が1番4人の関係性や空気感が分かりやすいのではないでしょうか。

皆様の自担が出演するときだけでもいいから是非チェックしてみてください。

「NEWS PREMIUM SHOW」では他の音楽番組で披露しないようなコアな楽曲や演出をしていたりするのでこちらも是非是非見て頂きたいところです。

 

小説家としての加藤シゲアキ

ご存知の方も多いかと思いますが、加藤さんは小説家としての顔も持ち合わせています。

既刊4冊。現在「週刊 SPA!にて「チュベローズで待ってる」連載中。更に7/12発売の野性時代にてドラマ「時をかける少女」をオマージュした小説「おれさまのいうとおり」が掲載されます。小説家としてもすっかり売れっ子。

この他にも、「GQ JAPAN」だったり「朝日新聞」だったりで書評やエッセイを寄稿することもちょくちょくありますが、詳しくは公式HPをご覧くださいませ。

加藤さんの書く小説は「痛み」を抱えた人が多く登場するので、 彼らにつられて息がしづらくなるような 胸の痛みを感じます。。加藤さんの小説を読むのは苦しい。それでも楽しいから、胸の締め付けを無視してまるで頁に麻薬でも塗られてるんじゃないかってくらい頁をめくる手が止まらない。そうしてだんだん息苦しさも快感へと変わり、苦しみながらも苦しいのが楽しい、みたいなまるで基地外のような感覚で彼の小説を堪能し、後味の悪い読後感を覚えながらも、また「ああ、素敵だった!」と心が満たされるのだ。加藤さんが書くことをやめてしまったら、私死んでしまう気がする。

 

加藤シゲアキ初心者の方に一冊勧めるとするなら「傘をもたない蟻たちは」が短編集なので導入として読みやすいと思います。

今年1月にフジテレビ系列でドラマ化もされていました。「小説、ってちょっとなぁ」という方はまずこちらのドラマから試してみるのはいかがでしょうか?1話30分、全4回なのでスキマ時間などにサクッと見ることが出来ます。

小説をそのまま再現、とは言えないけれど、加藤シゲアキ作品を煮込んでマイルドに味付けした、と言った感じでしょうか。

あと、ドラマ内に俳優として出てくる加藤さんのキャラクターがかわいいよ!

傘をもたない蟻たちは - フジテレビの人気番組を動画配信!|フジテレビオンデマンド(FOD)

(円盤が出ていないのでこちらの公式配信からお楽しみください)

 

Hey!Say!JUMP・中島裕翔くん主演映画「ピンクとグレー」の原作も加藤さんの同名小説であり処女作です。

加藤シゲアキ」という人を知りたいならば、「ピンクとグレー」は切っても切り離せない関係にある、と言っても過言じゃないくらい、小説家になる前の彼と今の彼の象徴のような物語。

映画は見たことあるんだけど、という方も映画とはまた違った展開であり結末なのでまた違った楽しみがあるかと思います。

 

ライトなエンタメ性の強い作品だったり、アイドル物、ラブストーリーが好きな貴方は閃光スクランブル

大物俳優と不倫している女性アイドルグループの女の子と全てに絶望したカメラマンの男の逃避行。

自らが「ジャニーズ」という男性アイドル軍団に所属していながら、女性アイドルを主人公に据えた物語を紡ぐスリル感とリアルさ。もしかして本当にこういう世界なのかな、って少し混乱する。

個人的にはこの作品が一番好きです。

 

誰が書いたとか関係ねえ!上手い小説が読みたい!!!という貴方には「Burn.-バーン-」

脚本家の男と彼を取り巻く過去のアウトローな世界への憧憬と心の触れ合いの物語。

「これ、本当に加藤シゲアキなの!?」って驚いて少し悔しくなるくらい表現が見事。

「アイドルが小説とか(笑)」って言う人には私は「Burn」を読ませたい。

 

そして現在「週刊SPA!」にて大好評連載中「チュベローズで待ってる」。

ホストクラブが舞台の物語なのですが、まあ、出てくる登場人物みんな個性が強くて魅力的で、ジャニヲタホイホイだなぁ、という感じがします。何をやっても報われずパッとせず苦悩する主人公。冴えない主人公を夜の街へ誘う関西弁のNo.1ホスト。主人公と同期(シンメ的存在)だけど圧倒的なカリスマ性で人気を掴み取る新人。パパと呼ばれ慕われるオーナー。ね、好きでしょ?

SPA!を読むことに抵抗がない人は是非一度お手に取ってご覧ください。始まったばかりだからまだ間に合う!

「週刊連載とかハードル高いよう><」という貴方は単行本をお待ちください!加藤さんは年内に出すつもりだそうです!倒れる気か!?

 

 クリエイターとしての加藤シゲアキ

作家、以外のところでもソロ曲の作詞作曲やソロMVの監督を務めていたりします。

ソロMVについてはこちらの記事から→2次兼ヲタにこそオススメしたい「ESCORT」 - ろじかりずむ

彼が彼を導く話〜「ESCORT」MVがいかに計算され尽くした物語であるか〜 - ろじかりずむ

加藤シゲアキを1番良く撮れるのは加藤シゲアキなんじゃないかってくらい自分の魅せ方を1番理解している。
ファンが欲しがってるもの、かつ自分を最大限に魅せる方法がよくわかっている。

痒いところに手が届くような「加藤さん好きな人ならこれ好きだよね」といった内容・構成のMV。全員が全員喜ぶものを作るのは難しいけれど「こんな加藤さんが見たいな」「かっこいい加藤さんが見たい」「加藤さんが作るものが好き!」っていう声をよく見て、反映させてるんだなぁと感じるシーンがたくさんありました。
加藤さんを通じていっぱい考えることが好きな加藤さんファンが色々と考える余地を残してくれてるのも優しい。
そして「自分が好きなことやりたかったんだよね」って楽しそうに話す加藤さんを見て、自発的なんだって更に嬉しくなる。
公式と需要が合致してるって幸せだなぁ。
こんな幸せなことあっていいのかな、って時々不安になります。

それでも、彼が作るものをこれからも追いたい、と思わずには居られない。私は彼をクリエイターとして、誰よりも信頼し尊敬しています。
そして、そんな加藤さんの作るものを是非もっと多くの人に知って、見て頂きたいのです。

 MV以外の他のソロ曲も全て(それこそ6人時代やその前から)加藤さん作詞作曲演出なので気になる方はそちらもDVD等でチェックしてみてくださいませ。 

 

 

最後に今解禁中の加藤さんのお仕事をまとめて置いておくので参考にして頂ければ幸いです。

 

【CD】

7/13(水)「恋を知らない君へ」(日本テレビ系7月期土曜9時ドラマ「時をかける少女」エンディングテーマ)発売

 

【TV(レギュラー)】

・「変ラボ」 日本テレビ系列 木曜24:59〜

・「白熱ライブ ビビット」TBS系列金曜8:00〜

・「NEWSな2人」TBS系列 金曜24:52〜

7月9日〜時をかける少女日本テレビ系列土曜21:00〜

・「少年倶楽部プレミアム」NHKBS3 毎月第3水曜日20:00〜(再放送:金曜18:00〜)

 

【ラジオ(レギュラー)】

・「SORASHIGEBOOK」FMYOKOHAMA 日曜23:00〜

・「KちゃんNEWS」(持ち回り制) 文化放送 火曜0:00過ぎ〜(「レコメン!」内コーナー)

 

【TV(スペシャル)】

・6/29(水)「テレ東歌謡祭」テレビ東京 18:25〜

・6/30(木)「ぐるぐるナインティナイン日本テレビ 20:00〜

・7/2(土)「THE MUSIC DAY 夏のはじまり」日本テレビ 12:00〜 

・8/27-28「24時間テレビ39」

同番組内8/27 「24時間テレビドラマスペシャル『盲目のヨシノリ先生〜光を失って心が見えた〜』」21:00頃〜

 

【レギュラー以外の雑誌等】

・毎週火曜「チュベローズで待ってる」(週刊SPA!にて連載)

・6/24(金)「GQ JAPAN」(書評掲載)

・6/27(月)「朝日ジャーナル

・7/12(火)「おれさまのいうとおり」(「野性時代」に掲載。※「野性時代」は元々の発行数が少ないので品切れが多く発生するので、どうしても欲しい場合予約必須です。)

 

増え次第また追記予定ですが、公式HPを見て頂けたら確実かと思います。

 

このような感じで簡単に紹介させて頂きましたが加藤さんのことが少しでも分かったでしょうか?

もし、もっと知りたい!という方がいらっしゃいましたら、上記メディアで実際に加藤さんを見るかもしくは当ブログ他記事の加藤さんについての記事をご覧くださいませ。

NEWS入門編としておすすめ→貴方を好きでいるのは楽しい #にゅすほめ - ろじかりずむ

今、2次ヲタに薦めたい「NEWS」 #にゅすほめ - ろじかりずむ

 

今が1番波に乗っているように見えますが、きっと、これからもっともっと凄いところへ羽ばたいて行くのだろうなぁと思います。他の追随など許さずに、自らの手に入れた力で自らの道を切り開いていく加藤シゲアキさん、ますます目が離せない存在になりそうです。

貴方も加藤シゲアキさんを応援してみませんか?

 

*1:敬称略

*2:加藤さんはどうしても木の靴べらが許せないらしい。プラスチックなぞ論外