ろじかりずむ

好きなんだから仕方ない

20170611

せっかくの楽しい時間に水を差すようで残しておこうか迷いましたがあくまで一個人の主観として。
恐ろしく口が悪いです。あと書き殴って読み返すつもりがないので文脈なんて存在しない。ぶっちゃけ読んでも得はありませんし、楽しい話に関してはまた次回以降のエントリでするかもしれません。

故にこの先読んだことで不快な思いになったとしても、読んだ方の自己責任ですし、批判・罵詈雑言も共感や励ましもどちらも受け付けてませんのでご了承ください。


***




私は彼の作るものが好きだ。脳味噌担当と言っても過言ではない。
だからこそ、彼が「作詞作曲演出全部やってます!」とちょっぴり誇らしげに言うのが好き。そこから与えられる演出や創作物はもっと好き。ダンス、表情、歌声、ラップ、一挙一動全部好き。

虹の橋を駆け上がる真剣な瞳が好き。
ポエトリーリーディングからの魂から吐き出したかのような「んなもんいらねぇ 飛んでやらぁ」の声が好き。
指の先までしなやかで美しいダンスが好き。
虹の橋の頂上で虹色の旗を手にして「消して嘘 感傷よ、放て どこまでも」と感傷を放った瞬間に真っ暗だった世界にキラキラとライトの星屑が舞い始めるの控えめに言ってもファンタジックなところが誰よりもNEVERLANDというテーマに即した演出で好き。
「自分の中の芸術観を全てこの曲にぶつけてみる」「今まで以上に自分が納得できる、自分が好きな作品」と本人が言うくらい真剣に作られた1mmも隙のない楽曲やパフォーマンスが好き。
話の流れだとしても「毎回命掛けだよ!」と言ってくれる今回のソロがいっとう好き。
物理的にも精神的にも命懸けなのだ。高いリフターから落ちたらアイドル生命は奪われるし、命を削って魂で歌っている。
虹の橋を渡る姿はまるで神にでもなったかのように堂々としていて格好がいい。
誇りの自担だ。世界一カッコいいよ。
今年も本当にありがとう。




なぁんて、ポエムだけで終わらせたかったよねえ!?
お得意の感傷(笑)ポエムで締めたかった。イタイのは重々承知、こんな気持ちになるくらいならイタいほうが1000倍最高だ。

上にも書いた通り、「命懸け」のソロパフォーマンスを私はこよなく愛している。むしろ今回のツアーのチケット代は全てここに費やすためにツアーに通ったと言っても過言ではない。
何回見ても何回も泣いて、私も魂で答えようと感情や集中の制限装置のリミッターを全てこの曲だけでぶっ壊した結果、次の3曲ぐらいの記憶がない。
「多様性」「愛」「理想郷」「虹」、壮大で厳格で誰にでも優しくて、加藤シゲアキここに極まれり!ってくらい彼にしか出来ないソロパフォーマンスだった。
そう、彼にしか出来ないんだよ。



メンバーだろうがやっていいことと悪いことがあると思います。
愛があった?知るかよ、愛があれば何でもしていいんですか?
例えに出して申し訳ないけど、愛猫が亡くなった曲を他のメンバーが「もうwwwあえないwww」「にゃんたとかwwwうけるw」みたいに茶化しながら歌ってもモニターに映るのは悪意があるとしか思えない似顔絵でも「愛がある」からおっけーだよね?愛だのなんだの言う人はもしそれが実現しても絶対に文句言うなよ?
私は嫌です。自担だろうが無かろうが(っていうかアイドルに限らず)、他人の作ったものをバカにして模倣するようなマネもそれを「いじり」と呼ぶ風潮も肯定しません。
「愛のあるいじり」なんてこの世には存在し得ないし、そうやって「いじり」と称して他人を馬鹿にすることを肯定する人種がだいっっきらいです。っていうか、いじりもいじめも無いでしょう、そんなワード使うのやめようよ?いじりじゃなくて「人格否定」「冒涜行為」、いじめじゃなくて「暴力」です。
ヘタレだのなで肩だのしゃがれだのほんっっとふざけんじゃねーぞ!!って思いながらジャニオタ歴早10年。毎年毎年同じことでブチ切れてる感が否めない(笑)これ、いじりじゃなくて普通に悪口だからね!!!!


そうだね、他人のソロ曲の演出覚えて模倣するのは愛かもね。みんなクソほどに笑ってたけどね。
(っていうか一部メンバー、自分のソロ曲すらままならないのに他人のソロを覚えてる暇がどこにry)

「歌詞もダンスも覚えてくれてる♡やさしい♡」

そうかな?本当に優しかったら毎公演MCのたびに歌詞についてふざけたり、演出について面白おかしく言わないんじゃないの?
メンバーが彼のソロが好きなのは毎年MCでその話ばっかりするので、今更何を(特に今年は本当にずーっっとその話ばっかりだった)って感じだけど、話すぶんにはまあ良いわ、お前らがやれと誰が言った!?メンバーなら何しても許されんの!?
面白おかしく。
あの曲の、あのパフォーマンスの何が面白いの?元パフォに面白いところなんて一箇所もないし、笑うところも一箇所もないし、パクった方も死ぬほどサムかったけど??????
歌詞を曲解したクソみたいにサムイ振り付け。命懸けの虹の橋でリフターの真ん中に座り込んでへらへらと笑うメンバー、ドッと湧く客席。一番許せなかった。ここが地獄かと思った。これを笑いとする5万5千人あまりの下品な悪魔と同じ空間に閉じ込められていた、と考えるだけで吐き気がする。

「加藤さんがかわいそう!」なんて言うつもりは滅法に御座いません。そういうこと言いはじめるおたく地雷。責任転嫁してんじゃねーよって思う。
なので可哀想とかは1mmも思いませんし、私よりよっぽど長年側でメンバーを見てきた彼には愛として伝わってんじゃないかなと思うのでその辺は抜きにしてわたしが一観客としてただ悲しくて辛いってだけの話だ。

キリスト教における聖書を切り刻んだり投げたりしたら信者は怒るでしょ?それとおんなじような漠然とした怒りと哀しみがわたしを支配している。
宗教かよって感じだけど、いつもはそんな風には思わないのに、あの曲とあの演出の彼はわたしにとってかみさまのような存在である。私の神様が無遠慮でデリカシーのない人たちによって穢されてしまった。

メンバーはともかく、便乗して「いじり!」と騒いで聖域を穢すファンが本当にずっとずっと許せなくて、そんな無遠慮な連中に燃料を注ぐこのMCは呼吸が出来なくなるほど苦しい。
今日だって、彼が横たわるシーンで彼の名前を叫ぶ頭の悪すぎる叫び厨や曲中にゲラゲラ笑う害悪、そしてMCを受けて歌詞や演出をバカにしまくるクソ、ほんっとーーーに無理!!!!!!どうしよう!!地獄!!!!

辛いなーー辛い!!私が最後に見た「あやめ」加藤シゲアキが命を燃やした「あやめ」じゃないのがいっっっちばんキツイ!!!私の最後の、そしてこのツアー最後のあやめが何で彼自身のあやめじゃないんだ。
「最後だ、」と目に焼き付けて、「ここで死んでもいい」と思えるくらいには今日の彼のパフォーマンスはいっとう良かった。毎回素晴らしい演出ではあるが声やダンスの鬼気迫り方が初めて見たあやめとは段違いだった。好きになってよかった、とまた実感した。

そんな美しい思い出をぐちゃぐちゃに踏み躙られた。このMCを受けても私の中の加藤シゲアキのあやめはNo.1だし、その素晴らしさが消えることは無いけれど、今日のことを思い出すたびに脳裏にグダグダ模倣冒涜MCがちらっとでも浮かぶのがしんどい。もう!記憶消す魔法、去年じゃなくて今年かけてよね!笑


きっと大部分のファンだの彼自身はそんなに重く考えることなく受け止めているのだろう。むしろここまで拗らせて勝手にキレてんの私だけだろうから本当に頭冷やせって自分自身が一番思っています。学級会案件とかじゃ無いよ、ふつーに私が許せないだけ。私の心のやさしさのキャパシティ、皆様より狭いみたいです。が、許せなかったのも事実だ。許せるようになんかなりたくない。これを許すくらいならとっくに拗らせ単推し気質なんか辞めてるわ。


「ゆるせない」という感情は愛なのだろうか、エゴなのだろうか。それでも私はあの曲、そして作詞作曲演出まで全て手がける加藤シゲアキが好きなのである。